So-net無料ブログ作成

ロゴスフィルムについて③ [ロゴスフィルムについて]

ロゴスフィルムについて③

前回②でお話しさせていただきましたロゴスフィルムの理念であります「弱さにある希望」ということを、今日は映画で表現することの私たちロゴスフィルムの意義についてお話したく思います。

映画という媒体は、最近はスマホやパソコンですぐに見れますが、以前は見たい方がわざわざ出かけて見に行くものでした。ので、ただ受容するものでなく、自分から積極的に見るというものでした。そのようなものを2時間前後の時間かけてみるということは好きでないと見ないし、見たら、自分のものとしてとても吸収するのではないかと思います。

またその2時間前後の時間、映画はその映画の世界を疑似体験できるということの素晴らしさがあります。

 というわけで2時間前後の作品をわざわざ自分の時間を使い、好きで能動的に見て、疑似体験するということは、今後の人生においてとても影響を与えると思います。

そのような映画の魅力に私は大学生のころ、ひきつけられました。一つの映画作品を見て、自分の人生が変わりました。

そうです。人の人生にとてつもない影響を与えることができる媒体が映画なのです。

そして30歳の時にキリストと出会い、人生が変わり「弱さにある希望」という思いが私に与えられ、その思いを映画を通して一人でも多くの方にその思いを共有したいという思いであります。

それではなぜ「弱さにある希望」を映画で表現することの意義を感じているのかと言いますと、私自身映画の魅力にひきつけられてから今まで20年間あまりずっと映画で表現することの人生であります。一人一人に必ず神から与えられた役割があると思います。私はただその役割を日々忠実に行うというだけであります。実際20年あまりやってこれています。地位、名誉、金などのことを考えると活動を続けることはできなかったかもしれません。

地位、名誉、金が大事であるという価値観ではない、ただ私は神から映画が与えられ、映画を通して表現することが与えられていると思っています。そうでないのであれば、違う道にいくはずですが、ずっと同じ道です。私自身、他の道では生活できない「弱い」人間なのかもしれません。途中映画の道と同時に障害福祉の仕事が与えられましたが、そのことがさらに映画表現を深めてくれました。感謝という言葉以外にありません。

「与えられている環境役割で感謝を思いながらいかに日々を過ごすか」

「一人一人に必ず役割がある」

ロゴスフィルムはこれらの言葉も「弱さにある希望」と同じく映画を通して皆様と共有したく思っています。

散漫な文章で失礼しました。

最後までお読みいただいた方、ありがとうございます。 

また次回もし時間があれば、さらに追求していきたいと思います。



共通テーマ:映画