So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画「はたらく」コメント文第5弾 [映画「はたらく」情報]

映画「はたらく」コメント文第5弾です。

 

横浜市仲町台にありますコミュニティカフェ「いのちの木」岩永敏朗氏 からコメントをいただきいております。「いのちの木」は映画「はたらく」全国上映プロジェクトの協力団体でもあります。

 

いのちの木フェイスブックページ  https://ja-jp.facebook.com/tack.treeoflife/

 

ぜひご覧ください。

 

 

 

いのちの木 岩永敏朗氏 映画「はたらく」コメント文

 

 

 

 「弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです。」 弱さや障がいに向き合う時に、私たちの心は裸にされるように思います。文化や死生観、親からの教えに影響されています。心の中に優劣をつける自分を見出し、その時々に心は変化を定まらない自分と出会います。

 

 小学生の時代に、翔平さんのような友達がいました。自動車を見ながらハンカチを振る姿を交差点で毎日のように見ました。映画の中にも、主演の翔平さんの日常のカットが挿入されていますが、監督の葛藤のシーンとこの翔平さんの日常のシーンが、心に訴えかけてくるのです。 社会を身体全体として考えるならば、目が手に向かって「必要としない」とは言えないし、頭が足に向かって「必要をしない」とは言えない。まして、隠れた弱い器官がなければ、身体を形成することはできずに、前進をすることもできなくなります。 障がい特性を知り、支援できる事は何かと考えることが先に立つ自分がいますが、自分自身の心に向き合い、心新たに目の前のひとりの人格と向き合うことの必要を感じさせてくれる映画だと思います。

 

 

 



共通テーマ:映画